しじまの向こう

とある一般人の日記帳みたいなものです

【松屋】創業ビーフカレーを食べてきた【レビュー】

どうも、わじっぽです。

 

さて今回は松屋の新定番メニュー「創業ビーフカレーを食してきましたのでそのレビューをしていきたいと思います。

 

 

f:id:gallon96_d:20191209132759j:plain

 

 

 

 

0.そもそも…

 

 

新メニューと言っても、「創業ビーフカレー」以前には、「オリジナルカレー」と名乗っていたカレーが定番メニューとしてありました。

 

松屋公式ツイッターの方が、「カレー終売(オリジナルカレーの終売)」を大々的に告知していたこともあり、実質的にリニューアルといえるメニューの切り替え商法にネット上が燃えていたのが印象的ですね。

 

値段も「¥390→¥490」と100円も値上げされているため、これは味に期待をしない訳にはいきませんね。

 

 

 

1.実食

 

 

f:id:gallon96_d:20191208201510j:image

 

 

 

空腹だったため、今回は大盛りをチョイス。並盛に+100円の¥590円です。この値段だと定食が食べれちゃいますから、ちょっとお高いですよね…。

 

松屋のカレーはかなりスパイシー」という印象が強いので、まずは味噌汁からひと口。

 

そしてカレーをひと口。

 

うん、非常に美味しい。

ルーはいろんな味が混ざったまさに食べたかったカレーといった感じ。

 

謳い文句の「牛バラがとろとろになるまで煮込みました」は満更でもなさそうなことは僕に十分伝わってきました。

 

このままガツガツとスプーンが進みあっという間に完食しました。大盛りは量は十分と言った感じだと思います。

ただ、これだと並盛では足りないかな…?

 

スパイシーさは「オリジナルカレー」よりも控えめになっていて、素材の甘さが引き出されているような感じでした。といっても十分にスパイシーではあるので辛いカレーが苦手な方は少し注意ですね。

 

 

 

2.レビュー

 

 

美味しさ:★★★★★

ボリューム:★★★★☆

コスパ:★★★☆☆

 

総合:85/100点

 

 

僕はこのカレーの味が非常に好きです。なので味に関しては、文句なしの星5。正直コ○イチなどは松屋のカレーの値段と味を見習って欲しいレベルです。

 

ボリュームに関しても次第点。大盛りであれば十分に腹が満たされます。

 

ただ問題点は、何度も指摘している通りこのお値段。

カレーチェーン店などと比べると十分良心的な価格なのですが、リニューアル前より100円も値上がりしたことを考えると少し首をかしげてしまうのは致し方ないと思います。

 

とはいえ、僕にとってこのカレーは定期的に今後松屋で食べることは間違いなさそうなメニューになりました。

 

 

前項でも書きましたが、辛めな商品になっているので辛いカレーが苦手であれば避けた方が無難かもしれません…

ただ、僕もそこまで辛いカレーは食べれない(コ○イチでいえば1辛が限界)口なのですが、問題なく食べれましたので、1つの基準にしてもらうといいかと思います。

 

 

 

3.まとめ

 

 

というわけで今回は、松屋のカレーリニューアル商品「創業ビーフカレー」をレビューしてきました。

 

最初の話に戻りますが、僕はツイッターでオリジナルカレー終売を見たときに、「カレーなくなっちゃうのかぁ」と真に受けてしまう人間でした…

 

 

いろいろ探っていると「どうせリニューアルだろ〜」と先読みしている方もいらっしゃったので、僕も松屋好きとして今後とも精進して松屋の動向に目を光らせていきたいと思います(笑)

 

 

 

それでは!