しじまの向こう

とある一般人の日々の日記、考えなどを綴っていきます。

【FF7R】30時間ほど初見プレイしてみての感想【ネタバレなし】

 

こんにちは、わじっぽです。

 

 

さて、先日発売されたばっかりの「FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE(FF7R)」を早速プレイしていまして、どっぷりとハマってしまいました。

このご時世で外にもあまり出られず、休日引きこもってプレイしていた結果、ここまで30時間ほどプレイしてしまいました…(笑)

 

f:id:gallon96_d:20200414232919j:image

 

 

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Video Game
 

 

 

現在「CHAPTER 14」まで進んでいます。

 

 

というわけで、まだクリアは出来ていませんがこのゲームをやっていての感想などをつらつらと書いていきたいなと思っています。

 

 

はじめに 

 

まず僕についてですが、RPGは「ペルソナシリーズ」「軌跡シリーズ」などをやっておりまあまあプレイしている方だと思っています。ただ、FFシリーズについては「FF10(リマスター版)」「FF13」「FF13-2」の3作品をやる程度にしかやっていません。FF零式も少しかじったのですが、途中で投げてしまいました。。

今回のFF7についても名作だとは聞いていますが、僕の世代に合っておらず(具体的にはモンハン2G世代)、プレイはしていませんでした。

 

しかし今回のリメイク発表で、様々な反応(実況者やブログ、海外の方など…)を見ている内にプレイしてみたいと思って購入しました。

 特に海外の方々が泣いて喜んでいる姿を見ると、日本のゲームってすごいなぁ…って思わされますよね。ゲームがただのゲームではなくて、その人の人生や考え方にまで影響してくるんです。

 

 


【海外の反応】FF7リメイク。日本人の動画をみながら愛を語る(日本語字幕)Talk: FF7 Remake, Japanese Sub

 

 

 

 

30時間ほどプレイしての感想

 

・キャラが際立ってる

まず感じたのは登場するキャラクターが丁寧に描かれているという点です。それぞれのキャラクターについての過去や設定などが徐々に明らかになっていき、キャラクターへの愛着や会話ひとつひとつがとても繊細に描かれています。

 

しかも声がほぼボイス付き。使いまわしの箇所がほぼなく、メインの場面以外にもキャラクターの声が入ってきていてビックリしました、どれだけ膨大な量のアフレコなんだろうか。

しかもこの声がピッタリのなんの…声優さんって本当にすごいんですね。

 

 

・バトルシステム

僕がこれまでプレイしてきたFFシリーズはどちらかというとコマンド入力で進めていくバトルだったのですが、この「FF7R」は「アクション」+「コマンド」という2つの要素が組み合わさったシステムになっています。

 

普通の攻撃アクションと、時間経過or攻撃などで増加する「ATBゲージ」を消費して固有技や魔法、回復、アイテム使用を行います。

正直言って操作自体は難しいと感じました。30時間ほどやってシステムに慣れてきて相手の攻撃をかわしたりこちらの思う通りの行動が出来るようになってきたくらいです…(笑)

 

ただ、よほどのことがない限り「攻撃」+「回復」の基本動作を繰り返していれば、ゲームオーバー(全滅)なんてことにはならないと思います。個人的にはちょうどいい感じの難易度だと感じますね。

 

 

・「ガード」「回避」「移動」の重要性

バトルシステムのところで取り上げてもよかったのですが、あまりにも重要な要素だと感じたので、こちらに個別の項目を設けてみました。見出しの通り「ガード」「回避」「移動」が非常に重要です。

この3つをアクションゲームのようにこなしつつ、操作するキャラクターを入れ替えたり、味方に指示を出したりと同時に複数動作をしなければならない点が難しいポイントになってくると思います。

 

ガードは相手の攻撃を反動なしでいなすことが出来ます。

回避は相手の攻撃をかわしつつこちらの攻撃につなげることが出来ます。

移動は狙った部位を攻撃するためや、相手との距離を取ったりする際に重要です。

 

イメージとしてはFF13の戦闘にアクション要素が加わったような感じなんでしょうかね…?(FF15とかがもしかしたら同じなのかも…?)

 

 

・映像がとにかく綺麗

これは正直本当に驚きました。FFにおいては2度目の驚きです。

10年前にPS3にて「FF13」をプレイした時は、ゲームではないような映像に驚きました。

しかし今作は、キャラクターの髪や肌、街の雰囲気、光の入り具合など…細かいところが本当に綺麗で驚きました。プレイしてみないと分からないかもしれませんが、ゲームもここまで進化したんだなぁ…としみじみ感心してしまいます。

 

ヒロインである「ティファ(写真上)」と「エアリス(写真下)」という2人の女性キャラクターは本当に美しいですし、主人公「クラウド」も細部まで細かく描かれていてとてもカッコいいです。

あ、もちろんメインキャラクターの一人である「バレット」もとても綺麗に描かれていますよ(笑)

 

f:id:gallon96_d:20200414232936j:imagef:id:gallon96_d:20200414232938j:image

 

ティファとエアリスが本当に美しすぎて、ゲームしてるだけで楽しいのだ…

 

戦闘の動作も綺麗ですし、これはさすがスクエニといった感じですね。

 

 

といった感じでとても綺麗な映像を堪能しつつ楽しくプレイをしております。

 

 

やっておくといいオススメ行動

 

・途中発生するクエストはすべてやり込む

メインストーリーだけやれればいい!って考えている人もいるとは思います。早くストーリーを進めたいという気持ちはよく分かります。

ただ、RPGの醍醐味は細かい要素だと思っています。今作はこの細かい要素がこれでもか!というくらいに入っていますので、ぜひクエストには積極的に取り組んでほしいです。

サブキャラが際立つ場面も多くて楽しいですよ!

 

 

・武器アビリティは雑魚敵相手に連発してすぐ覚えるべし

今作は武器にキャラ固有の技が付いており、その熟練度を上げると自分の技に出来るというシステムがあります。

熟練度といっても使えばいいだけなので、雑魚敵相手に対象の技を使いまくって早めに習得してしまいましょう。

 

どの技も使い道があるので、なるべく覚えておくと選択肢が増えて戦闘が楽しく、より快適になると思います。

 

 

・ヘッドホンでのプレイのすすめ

今作は音にもとてもこだわっているなぁと感じました。

特にカメラの向きで右耳左耳から入ってくる音の大きさが変わる点は非常に驚きました(今のゲームでは当たり前なのか…?)。音楽も世界観にとてもあっていてグッドです。

是非ヘッドホンをして音をまじかに聞きながらプレイしてみましょう!

 

 

 

…とりあえずこのくらいでしょうか?

 

30時間ほどプレイして、ようやくキャラクターの素顔が明らかになって話が進んできたなぁという感じです。ボリュームはタップリで素晴らしいけど、これ完結しないで終わるってことだよね…?俺どんな気持ちでこのゲームを終えればいいんだ……??

 

 

 

またクリアしたら感想記事を書きたいなと思っています!

 

 

 

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Video Game
 

 

 

さらだ、ばー!